東京風月堂 北斎物語 北斎ゴーフレット

最近デパートのお菓子売り場を散策してみました。
クリスマスシーズンという事もあって、カラフルでお洒落なお菓子が沢山売られていますね。
眺めて歩くだけでも幸せな気分になれました。

そういえば、子供の頃に祖母からよくこのお菓子を貰っていた記憶があります。

「風月堂のゴーフレット」

です。

薄く焼いたクッキーのような生地に、苺やバニラなどのクリームが挟んであるお菓子です。

そういえば、大人になってからは食べてないなと思い、早速風月堂で購入する事にしました。

本当は子供の頃に食べていた大判のゴーフレットが食べたかったのですが、今回は小さなサイズのゴーフレットを選んでみました。

今回購入したのは「東京風月堂 北斎物語 北斎ゴーフレット」です。

では、早速原材料名を見てみましょう。




【小麦粉、牛乳、砂糖、ショートニング、卵、コーンスターチ、カカオマス、塩、抹茶、(その他、大豆由来原材料を含む)、香料、膨張剤、酸化防止剤(V.E)】

中を開けてみると、三種類の北斎の絵のパッケージが出てきます。
オシャレですね。

三種類の味が楽しめるようです。

バニラ、チョコレート、抹茶味のクリームが楽しめます。

では、一番好きな抹茶からいただいてみましょう。
薄い生地はクッキー生地ではなく、軽いウエハースのような生地です。
抹茶のクリームは抹茶の風味とほのかな苦味でしっかりと抹茶を感じられました。甘さも控えめ、上品な味です。

バニラはすっきりとした甘みで、コーヒーに合いそうだなと思うような味です。
しっとりとしたクリームの美味しさがあとを引きます。
もう1枚食べたくなる美味しさですね!

チョコレートもいただいてみます。





チョコレートはビターな感じよりもスイートなチョコレートの味がします。
しかし、味わうごとにウエハース生地の香ばしい香りとチョコレートクリームが混ざって少しビターな感じもしてきますね。
大人も子供も楽しめる味だと思います。

私が子供の頃に食べていたゴーフレットはもっと生地のクッキー感が強かったような???こんな軽いウエハース生地だったかな?
そんな気がしましたが、勘違いでしょうか。
あるいは、大判のほうのゴーフレットはクッキー感が強いのかもしれませんね!
この北斎ゴーフレットを食べ終わってから、今度は大判のほうのゴーフレットを購入してみようと思います。

この北斎物語のゴーフレットは、1箱に3種類の味(バニラ、チョコレート、抹茶)がそれぞれ4枚ずつ、計12枚入っています。

 

北斎の絵のデザインがかっこ良いので、海外の人へのお土産にも喜ばれると思います。
何と言っても1箱が軽いので持ち運びしやすいです。
海外に限らず、家族や大切な人へのお土産にぴったりだと思います。

おすすめです。


人気ブログランキングへ

コメントは停止中です。

トラックバック URL

http://www.genzairyoumei.com/2016/12/14/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%a2%a8%e6%9c%88%e5%a0%82-%e5%8c%97%e6%96%8e%e7%89%a9%e8%aa%9e-%e5%8c%97%e6%96%8e%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88/trackback/

PAGE TOP